MENU

研究の背景

なぜ研究が必要なの?

新型コロナから回復された方の中には、「抗体ができたからもう大丈夫」と思われる方がいるかもしれません。

しかし、その抗体が半年後や1年後も残るのか、さらに残った抗体はウィルスをはねのける「鋼の盾」なのか、単なる「紙の盾」なのかについて、日本では大規模に研究されていません。

この研究では、一般的な抗体以外に再感染阻止に寄与する中和抗体も測り、「感染しても、安心できる社会を創る」ことを目的にしております。

得られた結果から、新型コロナウイルスに関する抗体検査の意義を明らかにし、国産抗体検査キットの普及に貢献することを目指します。また、ワクチンそのものの開発は目的としていませんが、得られた知見はワクチン開発にも貢献することが期待されます。

他の検査と何が違うの?

まずはPCR検査について。これは新型コロナに感染していることを診断するための検査です。

次に抗体検査。これは抗体を保有しているかどうか、つまり感染をした形跡があるかどうかを調べる検査です。

次に抗原検査。これは短時間で新型コロナに感染していることを診断するための検査ですが、PCRよりも不正確であるとされています。

今回私たちが実施する研究では、一般的な新型コロナウイルス抗体検査で扱われている技術的に測定しやすい抗体を、横浜市立大学の独自技術により高精度で測定します。さらに、横浜市立大学が最近開発した最先端の技術を用いて、感染阻止に寄与する抗体(中和抗体)の測定も同時に行います。

協力しないとどうなる?

研究への協力は任意です。

研究の内容、個人情報の取り扱いの安全性等にご納得いただける方にご協力をお願いしています。

また研究に参加されても、途中で辞退することも可能です。ご安心ください。

コロナ回復者専用抗体検査PROJECT

研究協力に関するお問い合わせ

[コールセンター]
0120-299-300 0120-299-300
  • 平日 9:00~20:00
  • 土日祝(年末年始を除く) 9:00~17:00

調査実施機関

  • 公立大学法人横浜市立大学

後援

  • 公益社団法人東京都医師会
  • 公益社団法人神奈川県医師会
  • 一般社団法人大阪府医師会

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED) 令和2年度ウイルス等感染症対策技術開発事業

お申込み(無料)